YouTubeのサムネイルは簡単に作る事が出来る!Photoscape(フォトスケープ)の基本操作

Yotuubeで再生数を伸ばすため

重要な要素である

カスタムサムネイル画像フォトスケープでの作り方について

下の動画で分かりやすく解説していますので

参考にしてください。

   ↓ ↓ ↓

 

 

Photoscape(フォトスケープ)で簡単サムネイルの作り方

本日はフォトスケープという無料ソフトを使った

簡単なサムネイルの作り方をお教えします^^

 

 

無料の画像編集ソフトは色々あるんですけど

フォトスケープは初心者さんでも

感覚的に見てパパッと操作ができるのでとても使いやすいので

こちらをぜひダウンロードして使ってみてください。

 Photoscape(フォトスケープ)のダウンロードの方法

ダウンロードの仕方は。

フォトスケープ」と検索窓で打って、

 

1番目ではなくて2番目ですね。

 

最新版、日本語化するのはちょっと面倒くさいので

こっちを押してこの緑の四角のボタンを押して

ダウンロードしておいてください。

 

もしダウンロードしてどうしても操作方法がわからないとか

日本語化が結局できなかったという場合はご連絡ください。

出来る限りフォローさせていただきます。

 Photoscape(フォトスケープ)の基本操作

それではフォトスケープの使い方です。

まずダウンロードしてフォトスケープを開いたら

円状にカテゴリ分けされてる

一番上の「画像編集」を押してください。

 

今デスクトップを表示している状態です↓

ディスクトップにある画像が今3つ並んでいます。

 

編集するものを選択してクリックするか

直接デスクトップから持ってくる方法もあります。

 

それではさっそく編集をしていきましょう。

Photoscape(フォトスケープ)トリミング

youtube の画像サイズが169ですので

その大きさに画像をトリミングします。

 

このツールバーの「トリミング」というところを押して

自由にトリミングの横にあるプルダウンメニューを押します。

 

その中から169を選択します。

 

右クリックしながらカーソルを動かすと

これで169の大きさになります。

 

小さくしたり、移動できますので

お好みに合わせて変えください。

 

この場所がいいなと思った箇所で

「トリミング」という四角いボタンを押してカット完了です。

 

 Photoscape(フォトスケープ)の文字・テキスト入れ

サムネイルは大体文字が入りますから、

このツールバーの「オブジェクト」を押して

 

「T」という文字ですね。テキストを押します。

 

この白い四角の部分に文字を打っていけます。

 

文字を入れ込んで「書体」を選ぶこともできます。

「デジタル教科書体」は丸っこい感じ、

「明朝」にするとちょっとシャープな感じで、

「ゴシック」にするとカッチリした感じの文字になります。

動画やサムネイルの雰囲気に合わせて変えてみてください。

 

テキスト横の数字が「文字のサイズ」です。

 

数字が小さければ小さく、

数字が大きければ大きな字になります。

ここで好みの大きさにならなくても後でいくらでも調整できますので、

私はあまりいじりません。

 

数字の横のプルダウンメニューから「色を選ぶ」ことができます。

 

こうするとブルー

 

こうすると赤

 

ここで太文字にしたり文字を斜めにしたり

アンダーラインを入れたりすることもできます。

 

この「垂直」っていうのが文字をこう縦にすることができるんですよね。

 

「驚愕」とか1個だけ目立たせたい文字とかがあるなら

これ使ってもいいですし

だいたいサムネイルは横に表示してありますから

あえて縦にして他のサムネイルとは差別化をはかってもいいかもしれません。

 

アウトラインはこの適用を押すと、

このように文字の周りに縁取りがされます。

 

適用の横にあるメニューで「カラーを選ぶ」ことができます。

 

黒にしたり

 

黄色にしたり

 

「アウトライン+テキスト」は今のこの表示で

 

「アウトライン」のみ、

 

「アウトライン-テキスト」がテキストがくりぬかれた状態です。

 

アウトラインの厚さもこのように変えることができます。

アウトラインを入れるときはあんまり細すぎると

貧相に見えちゃうのでので少し太めが私はおすすめです。

 

今度は下の「シャドウ」です。

 

これは文字通りテキストの影になるんですけど

カラーを選択することもできますし 

 

ココの数字で影の入り具合ですね。

大きさを調整することができます。

 

ここで色の濃さ、

 

テキスト自体もこのように調整することができます。

 

それではちょっと ok を押してみましょうね。

 

文字は1回打つ事にこのようにまとめて動かすことができます。

 

そしてカーソルを真ん中や端に合わせると

拡大や縮小ができます。

 

上の「矢印ボタン」を押すと、

文字を回すことができるんですよね

角度を調整してちょっとアクセント付けてみてもいいですね。

 

万が一この文字がこれ違ったなーってなった時は

文字横の「バッテン」で消すことができます。

 

 Photoscape(フォトスケープ)で元に戻したい時

間違えて消しちゃったっていう時は

右下の「元に戻す」を押すと元に戻ります。

 

「やり直し」をすると消えますね。元に戻ります。

 

編集を間違えてしまってもこうやって戻すことができますので、

慌てずに作業していきましょう。

 

Photoscape(フォトスケープ)のフレームライン

あとおすすめの機能はホームの「フレームライン」です。

 

画像にフレームを入れることが出来るんですけど、

ここからカラーを選択していったり

 

厚さを太くしたり細くしたり。

 

「余白」っていうのを入れると

こんな感じで少し画像の内側にフレームが入るようになります。

 

「線の種類」を選ぶことができます。

点線にしたり。

 

このフレームラインが入ってると締まって見えたり

とパッと目を引く感じで目立つのでオススメです。

 

 Photoscape(フォトスケープ)の図形入れ

あとはよく使われてるものとしてはこの「〇」とかですかね

 

 

横のメニューで色とか厚さとか調整してみてください。

透明度とかもありますのでね。

 

右クリックしながらカーソルを動かすと、

こんな感じで入ります。

よく見ませんかこういう○(丸)w

 

Photoscape(フォトスケープ)のモザイク入れ

あと「モザイク」とかもかけられるんですけど、

例えばこの効果ブラシっていうところから

 

これを押してモザイクを入れる範囲っていうのが

ここで大きさが決められます。

大きければこのようにぐわっと入れることができます。

 

で、ここの「モザイク」は何かというと↓

 これは「モザイクの細かさ」ですね。

これが中、これが高、これが低です

わかります?

この四角の大きさが変わってるだけですね。

 

フレームでガッチリモザイクをかけたいときはココで

 

フリーハンドでぼんやりつけたいときは

こっちがおすすめです。

 
Photoscape(フォトスケープ)画像反転

このボタンで「画像反転」したり

「ひっくり返し」たりすることができます。

 

Photoscape(フォトスケープ)画像の明るさ色の調整

そして「明るさの調整」とかこれも便利ですよ!

 

「輝かせる」を動かすと画像が明るくなったり、

暗くなったり、

 

あとは色合いを変えてみたり

鮮やかにしたりってっていうのもできますので

色々いじってみてください。

 

フォトスケープってすぐ慣れると思うので

まず一つ画像を作ってみて下さい(*’▽’)

 

じゃあ右下の方の「保存」をして終わります。

出てきたメニューのコレを押すと「上書き保存」のような状態になりまして、

 

「名前を付けて保存」だとさっきの元の画像と

今編集した画像が2つずつ残ります。

 

こんな感じで保存します。

 

そうすると今作った画像が保存できました

 

 

サムネイルがイマイチだと再生回数は伸びないので

ポイントをしっかり抑えて、

魅力的なサムネイル画像を作っていきましょう!

 

視聴者はYouTubeでどんな動きをする?

サムネイルがなぜ大事なのかを考えたとき、

Youtubeを見ているユーザーの動きを意識すると

わかりやすくなるかと思います。

 

まず、Youtubeで何かを視聴するとき

最初の入り口は「検索」から入りますよね。

 

そして動画を見始めます。

 

この動画の視聴最中には「右側」に、

そして動画が終了すると「画面上」に

関連動画の一覧が表示されます。

 

 

すると多くの視聴者はこの関連動画に目がいきますよね。

そしてほとんどの人は

関連動画の中から次の動画を再生していると思います。

 

そもそも、Youtubeでの再生回数の7割以上

「関連動画」からの再生だと言われています。

 

関連動画は動画を視聴しているときは右側に、

動画が終了すると画面上に表示される

視聴者の視聴履歴に合わせた一覧のリストです。

 

じゃあ視聴者は関連動画から再生するときに

何を基準に選ぶのか?ここが重要です。

 

勘の言い方はお気付きだと思いますが

この時にサムネイル&タイトルが威力を発揮します。

 

数多くの関連動画が表示されている中から

サムネイル画像でパッと目を魅くものや気になるものが目に入りますよね。

ユーザーは目に入ったサムネイル画像の動画のタイトルを読み

「中身が気になる」と思った動画をクリックしています。

つまり、サムネイルとタイトルでユーザーに興味を持ってもらえたら

再生回数は伸びていくのです!

 

サムネイルはタイトルと同じかそれ以上に大切な

Youtubeアフィリエイトの要素の1つだと覚えていてくださいね。

 

サムネイルはとにかく目を引く!分かりやすく!

 

数ある関連動画の中から自分の動画を再生してもらうためには

ユーザーの目に止まるようなサムネイルを作っておく必要があります。

 

周りよりインパクトが大きく、

かつ、何に関する動画なのかを

ぱっと見でわかりやすく作る必要があるのです。

 

これは本当に重要です!

人の印象は1秒以内で決まると言われているように

ぱっと見の印象でユーザーは無意識的に判断していますからね。

とはいえ、どんなサムネイルがいいかは一概にはいえず、

ジャンルによっても特性が違ってきます。

そこでオススメしたいのが、自分の狙っているジャンルの

再生回数が伸びている動画をリサーチして作る方法です。

 

Youtubeで困ったときはYoutubeに聞く!

リサーチすれば傾向がわかるので、使わない手はないですよ。

 

サムネイルもチラ見せのテクを使おう!

サムネイルづくりをする上で1つだけ

どんなジャンルでも共通していることがあります。

 

それは「中身が気になる」と思ってもらうために

サムネイルで全てを語らず、内容はボカしておきましょう。

 

例えば芸有名な人のネタであれば、

顔部分にモザイクをかけておくのも1つの方法ですね。

そしてタイトルで

「有名人Aの熱愛発覚!お相手はあの人気歌手!」

とボカして書くのがいいでしょう。

サムネイルとタイトルで中身が全部わかってしまっては

動画を観てくれずに終わってしまうことがあるため

あくまでもギリギリの内容で

中身が気になるように作る必要があります。

 

意識してサムネイルを作るだけで

動画の再生回数が違ってくるということを

しっかり頭に入れて、活かしていきましょう。

 

本日はサムネイルの作成方法と

押さえておくべきポイントを説明しました。

 

 

友だち追加